OLD×NEW

〜古いものから新しいものへ…再生〜

リノベーション

築20年など、建築自体はそれほど痛んでいないものの、ライフスタイルの変化、今の入居者の多様化したニーズに応えより良く住んでいくための工事です。

かつて20年前は人気物件も、どんどん建築される新しい賃貸物件に入居者を奪われ、
家賃の値下げしか術がない状況…
そしていずれは賃貸市場から取り残されていくのである。
人が住まなくなった部屋は埃がつもり使われる事のない建具や設備は傷みが激しくなる。
このような状態になってあわてて内装や設備に手を加え、思い切った家賃の値下げを
行ったとしても入居者が戻ってくるのか?疑問である。
内装費や管理費・積立修繕費のコストがかかるなら売却…それもひとつの選択肢である。

建物が分譲されてから長年収益を生み出しオーナーと供に苦楽を味わい、供に歩んできた
大切な資産…
その資産は次の世代へと引き継がれる時が必ずやってくる。
建物の役目はまだまだ終わっていない。まだ活躍できる。再び手を加える事で建物に新しい
生命を吹き込むことで優良な資産として蘇ることができるのである。

●冷蔵庫の配置スペースが確保できる
●段差が少ない
●デザイン性がよい(オシャレ) 
●トイレと浴室が独立している(セパレート)
●OL・女子学生等は、洗面台でお化粧をしたい

これらは入居者が部屋を選ぶ上での重要ポイント(ニーズ)です。

家賃を値下げして募集を行うにしてもすぐに入居者が見つかるとは限りません。
家賃を値下げするということは部屋自体に魅力がなく、競争力がないということです。

家賃競争は競合する物件のさらなる値下げに対して値下げ…首の絞め合いといえる行為です。

たとえ値下げ競争に勝ったとしても、築年数の経過した建物は部屋の中も老朽化が進んでいます。
水周りが主に故障しやすくなっており、色々なトラブルの要因です。
入居した途端、色々な故障が発生し、その対応に追われたり大掛かりな工事が発生したりすると住むことさえ困難になる場合もあります。
オーナーとしては、家賃が低いからといって対応しない訳にはいきません。
さらに家賃の低下に伴い、入居者の質の問題も悪くなる可能性があります。
ゴミ出しのルールを守らない、マナーが悪い、悪質な家賃滞納者…等

全てがこのようなケースになる訳ではありませんが、安易に家賃を下げるのも限界があります。

占有面積24u洋間8帖タイプにて『とにかく明るく、水周りをゆったりと…』をテーマに
学生・社会人・法人の社宅とターゲットを定め部屋の魅力を十二分にプラスしました。
デザイン性の高い部屋は競合する物件が少ないため、長期にわたり競合優位性が保たれます。

弊社は、賃貸事業を通じてお部屋を探す入居者と日々接しています。常に入居者のニーズにアンテナを張り入居者の生の声をダイレクトに吸収することができるのです。

この度は、ワンルームなので設計事務所には設計を依頼せずにコストダウン、低価格で工事が実現しました。IHクッキングヒーター付キッチン・シャワートイレ・モダンな洗面ボール・フローリング調タイル…

in 京都

  • ご質問からご相談まで、お気軽にお問い合せ下さい。
  • リノベーション事例集
  • 管理委託システム ゆとりのあるオーナーライフのご提案をいたします。
  • 管理運営システム オーナー様のニーズに合わせてシステムをご選択いただけます。
  • 経営理念
  • 私たちの会社の強み
  • 管理会社探しのポイント
  • 素早い対応
  • リンク紹介
  • プライバシーポリシー
  • ブログ
  • 西神土地建物管理株式会社 代表 桝田 正博のFacebook
  • よくあるご質問
  • お客様の声

兵庫県明石市朝霧東町2-1-32

Tel:078-219-5121

dummy